はすぬま保育所等訪問支援リハステーション

訪問看護ステーションでは、⼩児疾患の退院後の⽣活の安定とリハビリテーションのために、看護師、・リハビリスタッフをご⾃宅に派遣し、全⾝状態を管理しと、必要に応じてリハビリを実施するサービスを提供しています。

保育所等訪問支援とは?

発達の遅れや偏りが気になる児童及び身体的な障がいのある、通所給付の決定を受けた児童を対象に、保育所等訪問⽀援を通して⼦どもの成⻑・発達を共に喜び合えるようになることで、⼦どもが安⼼・安全に過ごせる環境になり、保育や教育の効果を最⼤限に引き出すことにつながります。申請の窓⼝は市区町村になります。

 

普段通所している場所での集団適応を⽀援するサービスです。⽀援先は保育所や幼稚園、認定こども園、学校、放課後児童クラブなど集団⽣活を営む施設を訪問し、⼦どもとの集団⽣活への適応のために作業療法⼠⼜は看護師等、障がい児⽀援の経験があるスタッフを派遣
して⽀援を⾏います。対象となる⼦どもを集団⽣活に合わせるのではなく、⼦どもの特性等
に集団⽣活の環境や活動の⼿順等を合わせる⼿助けをします。

ご利用方法

利用までの流れ

  1. 保護者の方が、区の窓口に相談します。
  2. 障害児相談支援事業者は、訪問先に連絡・訪問し、実態把握を行い、保育所等訪問支援が必要かどうかを決めます。
  3. 障害児相談支援事業者は、保護者と利用児同席の上でアセスメントを実施した後、保育所等訪問事業者と訪問先と事前の支援会議を開き、障害児支援利用計画(案)を作成し、市町村による支給決定を受ける。保育所等訪問支援事業所からは、当事業所から訪問支援員が支援会議に参加します。
  4. 区の支給決定後、受給者証が保護者のもとに届いたら、保育所等訪問を実施する事業所の当事業所が個別支援計画書を作成し、計画に基づいて事業者が保護者に重要事項説明書の内容を説明し、契約書に署名捺印してもらった上で、保護者に支援内容を説明します。
  5. 事業所と訪問先機関、保護者が日程調整を行った上、訪問日を決めます。
  6. 訪問支援員が訪問先を訪問し、対象児の行動を観察し、集団や療育場面を把握し、集団生活への適応を目的に関わりを行います。
  7. 対象児の担当者や訪問先に対して発達課題や支援方法を共有できるように提案し、協議します。
  8. 訪問支援員は、直接支援と間接支援の内容を記録する。また、必要に応じて保護者に支援内容や子どもの様子について説明を行います。