住みなれた街で自分らしくいきていく

病院や施設だけでなく、自宅に戻っても自分らしい生活を実現するための、適切なリハビリテーションが提供できること、
障がいのあるなしにかかわらず、共に社会を構成する一員として存在し、支え合うインクルーシブな社会の実現、
そのための、コミュニティベースドリハビリテーションを目指しています。

コミュニティベースドリハビリテーション

自分のできることを探したい、働きたい、身体を動かしたい、能力を向上させたい、それぞれの希望と能力に応じて経験豊富な専門家がきめ細やかなサポートをいたします。

特に、精神疾患(認知症含む)の方への訪問に、力をいれており、利用者様が地域の中で自分らしい生活を送れるよう、お手伝いいしています。 また、精神科病院、精神科訪問看護の経験豊富な看護師と作業療法士が連携して、適切な看護とリハビリテーションを提供します。
地域に密着しているため、関係機関と連携し、小回りのきく柔軟な対応ができることが強みです。
また、可能な限り小児への訪問看護、リハビリテーションにも対応しています。

Beechでは、リハビリテーションの専門職である作業療法士が勤務しており、就労の支援をいたします。
職業の適性検査キットを常備しており、利用者様の「アピールできる部分」「伸ばすべき部分」「カバーすべき部分」等、適切な判断ができます。
検査の結果、利用者様の希望や状況を総合的に評価して、それぞれに応じた訓練を行い就職に向けて力強いバックアップをいたします。